基礎化粧品の正しい使い方

肌トラブルが気になるという人は、日頃のスキンケアを見直してみてはいかがでしょうか。
まず、化粧水の使い方です。
顔を洗った後やお風呂上りの直後につけていますか。
時間が経てば経つほど肌の潤いが逃げてしまうので、すぐ化粧水をつけてくださいね。
つける際は、十分な量を使いましょう。
よく「もったいないから」と化粧水をちびちび使う人がいますが、それでは乾燥や毛穴の開き、吹き出物など肌トラブルを招いてしまいます。
特に、肌荒れが気になる時は「ちょっと多いかな」くらいの量をつけると良いでしょう。
化粧水の次に乳液や美容液をつけると思いますが、そういったものは化粧水をつけた直後ではなく、2〜3分ほどおいてから使いましょう。
化粧水が肌にちゃんと浸透してからの方が、効果が高くなるからです。
こちらも化粧水同様、十分な量をつけてくださいね。
美肌への近道は、以上のように意外と難しいことではありません。
毎日続けて、より魅力的な素肌に近づきましょう。急な引越しでも最短で終わらせるためのコツ