老犬の介護って大変

私が小学生の頃に我が家に来た柴犬が、もうすぐ16年目を迎えます。
まだ頑張って生きていてくれますが、腎臓が悪く、脂質を分解できなくなってしまったので、今は病気用のご飯とジャガイモやサツマイモなどの炭水化物を食事として与えています。
脂質を摂取しなくなって、急激に筋肉が衰えてしまいました。
特に後ろ足の筋肉が弱ってしまい、歩くスピード急激に遅くなりました。
昔は5分で移動できた距離が15分~20分かかるようになるくらい衰えています。
最後まで歩かせてあげたいという想いから、家の中でもできるだけ自由に歩かせてあげて、朝晩2回の散歩は、ゆっくり1時間ほど歩いています。
寝ころんだあと、なかなか起き上がれず、寝たままおしっこを漏らしてしまうこともあるため、室内では常にオムツを着用させています。
最近では、寝ころぶと起き上がれなくなり、暴れてるのでさらに起き上がれなくなり、鳴いて助けを呼ぶ時があります。
朝や日中で、誰かが家にいるときは良いのですが、外出中はとても心配で、すぐに帰るようにしています。
昼間はおとなしく眠れるようで良いのですが、おかげで昼夜逆転してしまって、夜中の2時~3時頃に鳴いて、朝の5時頃にまた鳴いて、という生活を半年くらい送っています。
私も母も既に介護疲れでフラフラです。
飼い始めたときは想像もしていなかったですが、老犬の介護も相当大変です。
http://golddiggerpoker.com/